シェラック塗装についてのレポート

手持ちの無塗装ネックの汚れに我慢できなくなったのと、オイルを塗った時の感触も好みでなかったので折角だからとシェラックでリフィニッシュしました。

 

シェラックについての概要は↓の記事で書きましたので、今回は実践的なお話を経験談を交えてメモしておこうかと。

www.handmadetown221b.com

 

シェラックの混ぜ物について

シェラックは単体では非常に固い塗膜を形成します。

ギターにおいては固く薄い塗装と言うのは理想的な塗装だと言えますが、ヴァイオリン属の楽器では高音域に滑らかさを与える為、シェラックの他にいくつかの樹脂やオイルを混ぜて意図的に柔らかくします。

また、シェラック単体では乾燥時に非常に細やかな隙間が塗膜にできるらしく、ヴァイオリン属の楽器制作においてはこれを良しとしないそうです。

 

そしてヴァイオリンに使われる塗装がギターにも有効かと言いますと、そうではありません。硬度については前述の通りですし、その鱗状の隙間もむしろ木材のエイジングに一役買ってくれそうな気もします。

これに関して大した根拠はありませんが、多くのギタリスト、メーカーに最高とされているラッカー塗装も薄く、硬く、また木材の呼吸を妨げないだとかいう噂です。

ラッカー自体シェラックをより扱いやすくできないかと発明された塗料なので、近しい所があるのかもしれません。

 

シェラックの純度について

シェラックにはいくつかのグレードがあります。

グレードと言っても善し悪しの話ではなく、どれだけ精製されているかによって呼び方が変わるというだけです。

一応原料に近い程音響特性が用途の事です。

 

シードラック(原料)

↓脱色

オレンジ、レモングレード

↓ワックス成分を除去

ガーネットグレード

↓脱色

ブロンズグレード

↓漂白

漂白グレード

 

下に行くほど色味が薄くなり、硬くなります。

グレードの高い物の方が透明感があり、溶かした時の不純物が少なく乾燥も早いです。

そして汗や薬品への耐性が非常に高く、マーブルチョコなどの糖衣にも使われている程。この耐性は他の樹脂などを混ぜることで低くなります。

ですので私はエレキギターにおいてはこの漂白グレードの物を単体で使うのが最も適しているのではないかと考えています。

 

尚、この項目については日本リノキシンさんのブログを参考にさせて頂きました。

Violin Varnish:So-netブログ

ヴァイオリンについての記述が殆どですが、興味のある方は一通り目を通しておくと良いかと。ちなみに日本リノキシンさんはそのシェラックや関連する樹脂、調合済みのニスも販売されています。私もお世話になりました。

日本リノキシンホームページ

 

シェラック塗料の保管について

上記の日本リノキシンさんで購入した漂白グレードのシェラック。

シェラックはフレーク状になっているので無水エタノールに溶かして使用しました。

取り扱いの注意点として、シェラックフレークは精製グレードが高い程熱と湿気に弱いという所です。今回は真冬の作業でしたので乾燥材と共に密封して押し入れなり廊下なりに置いておけば大丈夫でしょうが、これから暖かく湿っぽい時期が来ればどうなるか分かりません。

対策として、アルコールに溶けたシェラックは変質しない(諸説あり)ので先にフレークを溶かし切ってしまう手がありますが、100gものシェラックを溶かすとなると大量のアルコールが必要になります。無水エタノールって高いんですよ。

※溶かしても劣化するから半年くらいで使い切れ、とするサイトもありました。 

 

シェラックの濃度を表す呼び方としてカットという物があり、100ccのアルコールに約12gのシェラックを溶かしたものを1カットと呼びます。100ccに24g溶かしておいたとしても、大体エタノールのボトル一本を使い切る事になります。

どうしたものか。こんな量、多分使いきれません。

 

尚、作ったシェラック溶液も変質し感想が遅くなったりするので数か月で使い切る様に。という記述がなされたサイトもありました。

という事で少しだけ別の瓶に移し替えて保管しておいてます。

もし劣化するならそれこそ頻繁に使用し続ける製作家でもなければ扱えない代物だと思うのですが、どうなんでしょうか。

それと一般販売されているシェラックニスの場合なんかどうなるんでしょうね。

確かにこういった塗料などは時間が経つと使えなくなる物もありますが...。

 

塗装方法

大まかにスプレーガンで吹き付けるか、刷毛で塗るか、摺りこむか。

前者二つはまあどの塗料でもやりますが、最後の摺りこむ方法はシェラックならではの手法です。

これは綿の布に綿(わた)を詰め込んでてるてる坊主の様な形にし、ニスをほんの少し含ませて磨きながら塗るという手法です。

ほんの少量ずつ塗り重ねていきますのでシェラックニスは塗ったそばから乾いていき、同時にタンポその物によって磨かれ光沢が出ます。

シェラックには毒性は無く、アルコールも揮発した分を多少吸い込む程度ですのでこういったやり方が可能なんですね。ラッカーでこんなんやったらその日のうちに病院送りかと。

漆やその代替塗料であるカシューでもこの手法は使われます。

 

今回は折角だからとこのフレンチポリッシュで塗装を行いましたので、併せてその作業についても触れていきます。

 

すたがのフレンチ・ポリッシュ講座

 

シェラックフレーク

▲Amanonでは漂白グレードの物は売っていない様です。

こちらは色見からして恐らくブロンズと同等品。

無水エタノール

 ▲どんなお酒も真っ青の度数99.5%。飲むなよ。

掃除とかにも応用できて便利です。

スポイト付きガラス瓶

 ▲中身はアルコールなのでこんな程度の物で十分です。

本数がある程度あった方が濃度別に作って置いておけるので便利。

ジャムとかの瓶

アヲハタがおいしいのでおすすめ。

百均で買ってきてもいいですが、脆い上にジャムが入っていません。

綿の布

▲値段と枚数を考慮するとこれがベスト。

楽器用のマイクロファイバークロスでも試しましたが使い物になりませんでした。

綿

▲さっきの綿の布を丸めて代用しても良いらしいです。

麻ひも

▲特にコメントなし。

ミネラルオイル

▲純度100%ミネラルオイル。指板にも使えます。

 

これで一通りです。値段、量の関係からシェラックフレーク及びニスは市販のシェラックニスでも良いかと。

これで調合まで自分でやろう物なら、消費期限の短い材料を複数購入し短い期間で使い切らなければいけないので素人には不向きすぎますね。財布が死ぬ。

 

試していないので分かりませんがこういった市販品の塗料は不慣れな方でも簡単に扱えるように調整されているパターンが多いので初めてという方はそちらを試すのがベターかもしれません。

 

1.タンポを作る

海外ではパッドと呼ばれています。

 f:id:handmadetown221b:20180323120858j:image

大体7cm四方くらいに綿布を切り出してf:id:handmadetown221b:20180323120926j:image

中に綿をくるんで、麻紐で縛って完成。

縛る事が出来れば麻紐である必要はありませんが、丈夫でしっかり結べてほどけにくいのでおすすめです。

 

シェラック溶液を作る

※市販のシェラックニスを使用する場合はこの作業は必要ありません。

ジャムか百均あたりで買ってきた瓶に無水アルコール100ccとシェラックフレーク24gを突っ込んで放置します。

これで2カットの濃さのシェラック溶液の完成です。

f:id:handmadetown221b:20180323120953j:image

使用の際はこれを無水アルコールで薄めて使用します。

アルコールの種類は度数さえ高ければ何でも構いませんが、上記にリンクを貼ったエタノールが最も毒性が少ないです。

間違っても水で薄めたりしない様に。シェラックは水に溶けませんし、アルコールと違って乾燥が遅いので塗料として不向きです。

大昔は純度の高いお酒を使用していたらしいのですが、それでも現代程アルコール度数の高いお酒は精製できなかった様でそれなりの工夫がなされていたそうですね。

 

アルコールを温めることでシェラックがアルコールに溶ける速度が早まりますが、直火は禁物です。引火の恐れがあります。

気温が低いと溶けきるまでに1日以上かかったりします。瓶が割れない程度のお湯を張った鍋に突っ込んでシェラックをかき混ぜるのが最速です。

 

いざフレンチ・ポリッシュ!

・・・の、前に!

このフレンチ・ポリッシュは

パッドでニスをこすりつける

アルコールが乾く

ニスのシェラックが木部に留まる

パッドでニスをこすりつけると同時に表面を磨く

 

の繰り返しで塗膜をほんの少しづつ作りながら磨いていく技法です。

それはもう根気のいる作業で、アコギだと二週間くらいは余裕でかかるらしいです。

 

そんな長期間の作業を行う上で、個人的に気にすべきと思う点があります。

湿度です。

気温はどうかまだ実感していませんが、雨が降ったりうっかり加湿器をつけてしまった時はこのアルコールの揮発が遅くなるのか、塗り重ねた塗膜が柔らかくパッドによって荒らされてしまいやすくなる気がします。

べたべたした塗膜にひっかかっているんですね。

なので湿度の高い日は作業を慎重に、塗り重ねる回数も少なくしておくかいっそ前日の分の乾燥日として手を付けないようにしましょう。

 

それと、揮発したアルコールを少量づつ吸ってしまう事にもなるので換気も忘れずに。

アルコールに弱い方は防毒マスクも着用した方がよいかと思われます。

 

ステップ1:下塗り

まず先ほどのニスを4分の1まで薄めたものを木目に沿って真っすぐ塗っていきます。

www.youtube.com

▲参考動画。

この方は横方向にも塗っていて、大量のアルコールと少量のニスを別々に含ませパッド内でなじませている様です。

私はスポイトでごく少量づつ含ませ、机の上に張り付けた布を叩いて軽く吸わせてから塗っています。

理由は薄く薄く塗り重ねた方がアルコールが飛ぶのが早く、塗り後の凸凹も少なくできると考えているからです。

それにあんまりたくさん含ませるとニスが手元まで登ってきてべたべたします。

この様にフレンチポリッシュは個人によりやり方が大きく違います。

先にニスをギターの上にどばぁ~っと出す方もいるようですが、サンディングの嫌いな私は少しづつ均等に塗っていきたい派です。

 

一度目で濡れた様な色がうっすらとついて、重ねて行くにつれて少しづつ艶が出てきます。

蛍光灯の下で作業すると塗った後や塗装の状態が判りやすいので綺麗に仕上げるには必須ですね。塗ったそばからアルコールがすーっと乾いていくのは見ていてちょっと面白いです。

薄い塗膜が出来てきていると感じたら次のステップです。

 

ステップ2:シェラックを塗り重ねる

下地の上に塗膜を塗り重ねて厚くしていきます。

一度にできる塗膜はごく薄いものなので、気が遠くなります。

根気強く、時間をかけて重ねていきましょう。

 

初めに作ったシェラック溶液を倍に薄め、小さく円を描くように塗っていきます。

力加減は撫でるくらいで十分です。

純粋なシェラック溶液は硬く突っかかりやすいので、パッドの動きが滑らかでないと感じたらミネラルオイルをごく少量指に取り、パッドにこすりつけて下さい。

さっきより塗り味が段違いな筈です。このオイルは後から浮き上がってきますので塗装面には影響はありません。

使用するオイルはミネラルオイルをおすすめします。

オイルの記事でも触れた通り、余計な成分が入っていないので純粋に潤滑剤としての役目だけを果たしてくれます。

特にクルミ油等のオイルフィニッシュに使える様なオイルは塗膜を作ってしまい、今回のただただ純粋なシェラックによる塗装という趣旨から外れてしまいますので想定していません。

そういったオイルや混ぜ物については深い深い沼に嵌る事になってしまうので今回は触れない事にします。

www.youtube.com

▲1:30くらいからの円を描くような動きがメインになります。

この様にしてひたすら塗り重ねていきます。

この動画は仕上げの工程ですが、動きは同じです。

 

ポイントは絶対に塗装面の上でパッドの動きを止めない事、乱れた様に見える塗装面の上を慌てて擦ったりしない事です。

塗膜を塗り重ねる段階では綺麗に塗れていない様に見えますが、磨くにつれてパッドの塗り跡が消えて、光沢が出てきます。

根気強く磨きましょう。

埃が入った場合は一度手を止め、十分に塗装が固まったと判断したら1000番程度の紙やすりで研磨し除去します。

あまり粗い目の物を使うとあっという間に塗装が剥げ、塗装が固まっていないとシェラックがえぐられ団子状になり、修復が困難となるので要注意です。

 

これを乾燥具合を見ながら繰り返していきます。乾くスピードが塗り重ねに追いついていないと感じたら、その日の作業はそれで終わりにした方が良いです。

塗り重ねの段階でも上塗りのシェラックが下の塗膜を若干柔らかくしていて、力加減によりパッドが塗膜をえぐってしまうことがあります。

それと塗膜にアルコールを垂らしたりするのも厳禁です。あっという間に塗装が溶けてしまい一からやり直しになります。

 

ステップ3:仕上げ

こちら最終工程となっております。しかしまだまだ道は長い模様。

欲しいだけの塗膜の厚みが出来たと思ったら、ここからはパッドにはアルコールとオイルのみをつけて作業していきます。

www.youtube.com

▲またこの動画なんだ

シェラックが入っていないので厚みは増えません。アルコールとパッドのみで磨いていきます。

この方はそれだけでなくレモンオイルと蜜蝋も含ませていますね。これは仕上がりの外観の為でしょう。いやほんと十人十色すぎてこれだって正解がないのが辛い所です。

ちなみに最初にアルコール(透明な液体)を含ませた後バンバンたたいたりこねたりしているのは前日に使ったパッドがニスでガチガチに固まっているからです。

このまま使うと塗装面を硬い布で削ってしまうことになるので注意です。

新しくパッドを作っても良いですが、真新しいパッドからは綿の繊維が出てきて塗装面に入り込むのでその辺の木片を用意して慣らし塗りをするのが無難です。

 

はい。あとはひたすら磨くだけ。動画の様に綺麗な光沢が得られたら乾燥させて完成です。お疲れさまでした。

 

やる事は単純だけど難しい

はい。方法がシンプルなだけに技術の方を大いに求められる塗装法でした。

コツはひたすらパッドを滑らかに動かし続けること。近道に見えるのは全て行き止まりです。

とりあえず試してみたいという方はネックから挑戦してみるのがおすすめです。

f:id:handmadetown221b:20180322204748j:plain

曲面は曲者ですが、ボディサイドに比べれば楽も楽でメイプル指板でなければ片面で済みます。メイプル指版だと多分フレットが邪魔過ぎて死にます。

 

使用するニスに関してですが、混ぜ物がしてあった方がニスが柔らかく取り扱いが楽!

しかし乾燥が若干遅く、塗装の性質としても柔らかいのでエレキギターにもやはり向いていない様に思えます。

でも柔らかい性質を逆手に取ってステンレスフレットを使用しているギターや硬い木材ばかり使用しているギターのボディに使うのは有りだと思いますね!

ジャズギターなんかにも向いてると思います。

意図的に行うのであれば、一般的なデメリットも時にメリットに変換できると。

塗装が軟弱すぎると評判のヒスコレも、フロントの音なんか滅茶苦茶甘いですしね。

 

ただし混ぜ物をすると耐久性も落ちるのでネックだけは常にシェラックオンリーが良いかと。あくまで持論ですが。

気が変わったら書き直すかもしれません。

 

という訳でシェラック講座でした。bye。